コラム

認知症予防に効果的。朝食に質の高いタンパク質を摂取しよう。 | エポック訪問看護

2022年10月10日

 

 

高齢になると避けられない認知機能の低下。

 

なんで歳をとると認知機能が低下するのか

そのメカニズムははっきりしていませんが、アミノ酸の摂取量の減少が関わっている可能性が示唆されています。

 

アミノ酸は神経伝達物質の前駆体として機能しており、

特にトリプトファンなどは人が作り出せない必須アミノ酸であるため

これらの摂取量が不足することで認知機能が低下することを示唆する報告が多数あります。

 

そんなアミノ酸ですが近年では時間栄養学と言って

「いつ摂取するか」

ということも重視されるようになり

アミノ酸の摂取をいつするかもとても重要な要素になっています。

 

認知症のリハビリに運動療法は効果的なのか。運動と記憶のメカニズム

リハビリの現場では認知症の方、 認知症というほどではないけども年相応に認知機能が低下してきたな という方はよくいらっしゃいます。   認知症に対してはリハビリが効果的とは言われますが、 実際 ...

続きを見る

 

アミノ酸スコアの高い朝食で認知機能低下を予防

国立長寿医療研究センターと味の素が共同で行った研究ですが

その研究で

タンパク質消化吸収率補正アミノ酸スコア(protein digestibility-corrected amino acid score;PDCAAS)

という指標を使い、朝食・昼食・夕食それぞれのPDCAASを算出しました。

このPDCAASは0~100点の範囲で数値が高いほど必須アミノ酸のバランスが良いと判定します。

(※認知機能の評価にはMMSE(mini-mental state examination)を使用)

その研究の中で分かったこととして

認知機能がみられたグループとそうでないグループで

タンパク質の摂取量ではなく、朝食のPDCAASに有意差がみられた

と報告されています。

 

つまり

朝食に質の高いタンパク質を摂取することが認知機能の低下を予防する

ということが示唆されたのです。

 

牛乳と魚介類の摂取がおすすめ

では、質の高いタンパク質とはどのようなものなのでしょうか?

 

それは牛乳・乳製品、魚介類です。

 

この研究でもPDCAASの低いグループは

  • 穀物
  • 砂糖
  • 油脂

の摂取量が多く、

 

  • 豆類
  • 牛乳・乳製品
  • 魚介類

の摂取量が少ないという結果になりました。

 

その中でも特に牛乳・乳製品と魚介類の摂取量に差が大きくみられたようです。

 

朝食にしっかりとタンパク質を摂取して認知症予防

タンパク質の摂取不足はフレイルやサルコペニアといった高齢者の虚弱に大きく関わっているだけでなく

認知機能にも大きく関わっていることがわかりました。

 

そして、朝食の健康効果も様々な研究で明らかにされています。

 

この研究で朝食にタンパク質を摂取することがとても重要であることがわかりました。

 

高齢になってからの生活を守るためにも

朝食にしっかりとタンパク質を摂取してみましょう。

 

在宅での看護・リハビリで大切にしたい認知症の方との関わり方

  認知症とは | エポック訪問看護 伊丹 認知症とは、様々な原因で脳の細胞が破壊・減少し、様々な障害が起こる状態のことを言います。 認知症にはいくつかの種類があり、現れる症状は種類によって ...

続きを見る

 

 

エポック訪問看護ステーション伊丹は看護とリハビリで「そのひとらしさ」をサポートします

※まずはお気軽にお問い合わせください※

TEL:072-770-1657

お問い合わせフォームへ

 

エポックでは、自費訪問リハビリサービスも併用して利用することができます。

自費訪問リハビリサービス | 自費訪問リハビリなら EPoch-エポック-

 

 

エポック訪問看護ステーション伊丹は看護師・リハビリ職種の求人を募集しています

エポック訪問看護ステーションでは、

随時看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の求人を受け付けています。

 

詳しくはコチラ

 

#訪問看護#訪問リハビリ#リハビリ#理学療法士#作業療法士#看護師#エポック#伊丹#尼崎#認知症#タンパク質♯食事

-コラム

Copyright© エポック訪問看護ステーション , 2022 All Rights Reserved.