コラム リハビリ

認知症の予防&改善には運動だ!| エポック訪問看護ステーション伊丹

2022年4月18日

歳をとってくると避けられないことの一つが認知機能の低下。

 

認知機能の低下を予防したり

認知症を改善するために効果的とされているものはたくさんありますが

最も効果があるとされているのが

運動です。

 

現代人はテクノロジーの発展によって40年前と比べて

身体活動量は40%以下にまで落ちているとされています。

 

半分近くにまで減った運動量がどれだけ認知症と関わっているのか

今回は認知症と運動の関係についてお話しします。

 

認知症のリハビリに運動療法は効果的なのか。運動と記憶のメカニズム

リハビリの現場では認知症の方、 認知症というほどではないけども年相応に認知機能が低下してきたな という方はよくいらっしゃいます。   認知症に対してはリハビリが効果的とは言われますが、 実際 ...

続きを見る

 

1日30分の運動で認知症は予防できる

さて、運動が認知症に効果があるということはわかっていますが

実際にどれくらいの運動をすれば良いのでしょうか?

 

答えは

1日30分以上、そして、週3回以上

の運動が効果的です。

 

実際に物忘れを自覚している人に対して、

6ヶ月間の運動を行わせると認知機能が改善することがわかっています。

 

【 看護師の豆知識 】 生活を不便にして運動量を増やす

とはいえ、実際に運動をしよう、と思ってもどうしたらいいのかわからないですよね。。

 

これを書いている私ですら、トレーニングのためだけに時間を取るなんて中々できてないですからね。

 

そんな人は運動の時間を作るのではなく

普段の生活の中に運動を取り入れるのがおすすめです。

 

今よりも活動量が多かった昔の人がトレーニングの時間を取っていたでしょうか?

そんなわけないですよね。

 

活動量が40%も減ったのは科学の発展によって身体を動かさなくても

色々なことができるようになったからです。

 

ですから、生活を少し不便にしてみましょう。

 

近所のコンビニまで、車ではなく歩いて買い物に行ってみましょう。

いつものスーパーではなく、もう一つ遠いスーパーに行ってみましょう。

たまには別のルートで寄り道しましょう。

テレビのチャンネルを変えるのにリモコンではなく、本体のボタンで変えてみましょう。

万歩計で歩数を記録してみましょう。

いつもと違う刺激は認知機能には効果的です。

 

健康の柱の1つはやはり運動 | エポック訪問看護ステーション伊丹

いかがでしたか?

 

現代人の運動量が減っているのはわかっていましたが

昔と比べて40%も減っていたなんてちょっと驚きでしたね。

 

それだけ減っていれば、いかに医学が進歩していても

病気が増加するのも納得ですね。

 

やはり、健康の柱は

しっかり動いて、しっかり食べて、しっかり寝る

ということですね。

 

【看護師おすすめ】チョコレートは薬だった?高血圧と認知症に効果あり

皆さん、チョコレートはお好きですか? 嫌いな人は少ないでしょう。   コンビニでの棚な占有率を考えたら ポテトチップスと並んでお菓子の王様と言っても過言ではないでしょう。   そん ...

続きを見る

 

認知症の介護でお困りのことがあれば、エポック訪問看護ステーションにご相談ください

エポック訪問看護ステーション

伊丹・尼崎・川西・宝塚を中心として活動しています。

地域の皆様の健康と安心のため、

利用者様が「その人らしく生きる」手段を共に模索し提供してまいります。

 

※まずはお気軽にお問い合わせください※

 

お気軽にお電話もどうぞ。

072-770-1657

 

エポックでは、自費訪問リハビリサービスも併用して利用することができます。

自費訪問リハビリサービス | 自費訪問リハビリなら EPoch-エポック-

 

エポック訪問看護ステーション伊丹は看護師・リハビリ職種の求人を募集しています

エポック訪問看護ステーションでは、

随時看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の求人を受け付けています。

 

詳しくはコチラ

 

#訪問看護#訪問リハビリ#リハビリ#理学療法士#作業療法士#看護師#エポック#伊丹#尼崎#認知症#運動療法

 

-コラム, リハビリ

Copyright© エポック訪問看護ステーション , 2022 All Rights Reserved.