コラム

大腸がんは日本人に多い?マグネシウムで予防の可能性

2022年4月15日

様々な部位にできるがんの中で

日本人が最も多く発症するがんが

大腸がん

です。

 

大腸がんは進行も遅く、比較的治しやすいがんではありますが、

早期発見も比較的しやすいがんです。

 

でも、やっぱりがんになんてならない方が良いに決まってますよね。

 

がんの予防法もたくさんあるとは思いますが

今回は大腸がんとマグネシウム摂取量についてお話しします。

訪問看護・在宅医療を行う中での緩和ケアのポイント

  在宅療養中の方は、望まれる生活の一部の中に医療が存在しています。 そのため、訪問看護では医師から指示書を頂き、在宅で可能な医療ケアを提供しています。   中には、がんの末期の方 ...

続きを見る

 

マグネシウムに大腸がんの予防効果が? | エポック訪問看護ステーション

ある研究では

約8万7000人の男女を対象に11年間追跡し

アンケートによってマグネシウム摂取量について調べたようです。

ちなみに追跡期間中に1129人が大腸がんと診断されたとのことです。

 

その結果、

マグネシウムの摂取量が多いほどに大腸がんのリスクが低くなった(※男性に限る)

とのことでした。

さらにこの傾向は、飲酒習慣のある人と痩せ気味の人ではより予防の効果があったというのです。

 

マグネシウムが多い食材とは

さて、男性限定とはいっても

マグネシウムを摂取することで大腸がんの予防に効果があるというのであれば

マグネシウムを摂取するにはどんな食べ物が良いのでしょうか?

マグネシウムは主に野菜、穀物、大豆製品、魚、牛乳に多く含まれています。

 

その中でもマグネシウムを多く含む食材の一例はこちらです。

  • 木綿豆腐
  • ごぼう
  • アサリ
  • あおさ
  • 納豆
  • モロヘイヤ

 

ちなみにマグネシウムとはまた別に、

国際的に大腸がんに予防する食べ物としては

  • 食物繊維を含む食品
  • ニンニク
  • 牛乳
  • カルシウム

はほぼ確実と言われています。

 

逆に大腸がんリスクに関連するものとして、赤肉や保存肉が確実と言われていますね。

 

がん予防で大事なのは生活習慣の見直し

男性限定ではありましたが

マグネシウムの摂取は多ければ多いほど大腸がんのリスクを下げてくれます。

 

マグネシウムはよっぽどのことがない限り過剰摂取にはなりません。

基本的には過剰になっても下痢気味になる程度なので積極的に摂取していきたいですね。

 

とは言っても、

マグネシウムさえ摂取していれば大腸がんにならないかといえば

そういうわけではありません。

 

大腸がんの最たる原因は生活習慣。

特にアルコールの飲み過ぎと肥満が最大のリスク因子です。

また運動不足や喫煙もリスクです。

しっかりと生活習慣を見直した上でマグネシウムを摂取してみましょうね。

 

 

エポック訪問看護ステーション伊丹では、抗がん剤投与中の関わりからターミナルまで、幅広くがんケア・がんリハビリテーションに関わっています

 

エポック訪問看護ステーション

伊丹・尼崎・川西・宝塚を中心として、

地域の皆様の健康と安心のため、

利用者様が「その人らしく生きる」手段を共に模索し提供してまいります。

 

まずはお気軽にお問い合わせください

TEL072-770-1657

 

エポックでは、自費訪問リハビリサービスも併用して利用することができます。

自費訪問リハビリサービス | 自費訪問リハビリなら EPoch-エポック-

 

エポックでは、心臓リハビリテーションを学ぶためのセミナーも数多く開催しています。

EPoch _ エポックセミナー 理学療法士・作業療法士向けリハビリテーションセミナー

 

エポック訪問看護ステーション伊丹は看護師・リハビリ職種の求人を募集しています

エポック訪問看護ステーションでは、

随時看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の求人を受け付けています。

 

詳しくはコチラ

 

#訪問看護#訪問リハビリ#リハビリ#理学療法士#作業療法士#看護師#エポック#伊丹#尼崎♯がん♯マグネシウム

-コラム

Copyright© エポック訪問看護ステーション , 2022 All Rights Reserved.