コラム

高齢者の脱水時は水ではなく経口補水液を活用しよう

2022年3月24日

大量の汗をかく夏は気を付ける人も多いかもしれませんが

どんなに寒い時でも人は感じない程度に常に水分を失っていて

その量は実に900ml。

なんとペットボトル2本分の水分が失われます。

 

なので、夏に限らず寒い冬でも十分に脱水症状になる恐れがあります。

 

特に近年はサウナブームでサウナに好んで入るようになった人は

脱水症状によって腎不全や脳血管障害など様々な疾患のリスクが高くなります。

 

だからこそ、水分補給が重要なわけですが

今回はそんな水分補給の時に飲む経口補水液のお話をしたいと思います。

 

脱水時にはスポーツドリンクよりも経口補水液が良い理由 | エポック訪問看護ステーション伊丹

水分補給といえば真っ先に思い浮かぶのはスポーツドリンクですね。

自動販売機で手軽に入手できるので

喉が渇いたなんて時に飲む人は多いのではないでしょうか。

私も普段はコーヒーやお茶、水しか飲みませんが

前日にお酒を飲みすぎたな…脱水状態だな

なんていう日はスポーツドリンクを飲みます。

 

しかし、スポーツドリンクは基本的に運動中の水分補給を目的としているため

運動のためのエネルギー補給も兼ねて糖分もかなりの量が含まれています。

 

糖分の量が多すぎると胃の内容物の排出が遅れ、

消化器症状が出現しやすいとされています。

またスポーツドリンクに含まれるナトリウムは

発汗によるナトリウム損失を補うには足りない

とされています。

 

そのため、脱水の予防には糖分が少なく、

ナトリウム濃度が高い経口補水液の方が適しています。

 

脱水状態では塩味を美味しく感じる

ただし、経口補水液はナトリウム、つまり塩分濃度が高いため

やや塩味が強く、それが苦手という人も少なくありません。

そういう声をよく聞くため、経口補水液を飲んだことがないという方も多いでしょう。

 

しかし、経口補水液が不味いと感じる人は

もしかしたら脱水症状ではない可能性もあり

本当に脱水症状が起こっているならば

経口補水液を美味しいと感じる可能性があります。

 

実際に運動前、運動20分後、40分後、60分後で

スポーツドリンクや普通の水では味の思考性において変化はなかったが

経口補水液に関しては運動後に経口補水液を美味しく感じる

という研究報告が存在しています。

 

やはり身体に不足しているものは美味しく感じるというわけですね。

 

高齢者は脱水状態が多い 経口補水液でチェックしてみるのもアリ

上述のように脱水症状は思ったよりも身近なものです。

 

スポーツ選手はもちろん、

我々医療・介護職種が日常的に関わるご高齢の方は

尿意を気にして水分補給をしていない方が非常に多いです。

高齢になると口渇中枢の機能も低下して喉の渇きを自覚しにくいですしね。

 

そのため実は脱水状態という方も非常に多いのです。

 

この人は怪しいなと思う人には経口補水液を飲んでもらい、

美味しいと感じるのか、不味いと感じるのか確認してみるといいかもしれませんね。

 

【エポック伊丹】訪問看護で点滴をしてもらうにはどうすればいい?

エポック点滴が必要だと言われたのだけど、訪問看護で看護師さんに来てもらえるかな…? 入院をしなければいけないの…?   在宅で介護をする中で、 時にご本人が体調を崩すなどして定期的な点滴が必 ...

続きを見る

 

エポック訪問看護ステーション伊丹は看護とリハビリで「そのひとらしさ」をサポートします

エポック訪問看護ステーション

伊丹・尼崎・川西・宝塚を中心として活動しています。

地域の皆様の健康と安心のため、

利用者様が「その人らしく生きる」手段を共に模索し提供してまいります。

 

※まずはお気軽にお問い合わせください※

 

エポックでは、自費訪問リハビリサービスも併用して利用することができます。

自費訪問リハビリサービス | 自費訪問リハビリなら EPoch-エポック-

 

エポック訪問看護ステーション伊丹は看護師・リハビリ職種の求人を募集しています

エポック訪問看護ステーションでは、

随時看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の求人を受け付けています。

 

詳しくはコチラ

 

#訪問看護#訪問リハビリ#リハビリ#理学療法士#作業療法士#看護師#エポック#伊丹#尼崎#脱水#高齢者#水分補給

-コラム

Copyright© エポック訪問看護ステーション , 2022 All Rights Reserved.