コラム リハビリ

高齢者のリハビリの天敵は尿意!?過活動膀胱は転倒リスクを高める

2022年3月30日

リハビリをするにあたって、高齢者の転倒はなんとしてでも避けたいトラブルですね。

 

転倒の原因といえば

  • 筋力低下
  • バランス反応の低下
  • 感覚の低下
  • 認知機能の低下

などなど色々とあると思いますが

最近になって

過活動膀胱

が転倒の原因になっているということがわかりました。

 

結論から言うと

過活動膀胱による尿意切迫感によって

歩行時の注意力が削がれて転倒リスクが高まる

ということのようです。

確かに、高齢者じゃなくて我々でも漏れそうな時って注意力も落ちるし

歩き方自体もぎこちなくなったりしますよね。

 

エポック訪問看護伊丹が在宅でよく見る排尿トラブルとは

「夜間頻尿で眠れない、トイレが近くて外出の時に困るなどの症状に悩まれていませんか。」 という、キャッチコピーを新聞やテレビ等で目にすることは多いのではないでしょうか。 訪問看護の現場でも1~2時間ごと ...

続きを見る

 

尿意によって歩行能力に変化。排尿時の転倒に注意

カナダのアルバータ大学の研究ですが

過活動膀胱と診断されている65歳以上の高齢者27人を対象に

9mほどの距離を往復してもらって

①膀胱がからの状態

②尿意切迫感がある状態

③脳機能を調べる課題を行いながらの状態

の3パターンで歩行を分析したところ

②の尿意切迫感がある状態での歩行は

③の脳機能を調べる課題を行いながらの歩行と同じような歩行の変化を示した

と報告されました。

実際にどんな変化があったかというと

最も変化があったのは歩行速度。

膀胱が空の状態では歩行速度が1.1m/secでストライドが1/19mだったのが

尿意切迫感のある状態では歩行速度が1.0m/秒、ストライドが1.12m

課題をこなしながらの状態では歩行速度が0.8m/秒、ストライドが1.0m

で全て有意に低下していたようです。

 

バランスの取れた歩行には認知機能に基づいた様々なインプットが必要ですが

加齢に伴って認知機能はどんどんと落ちていきます。

その中で尿意切迫を感じて気が散ってくると転倒リスクは高まるわけです。

そのリスクは約2倍とも言われています。

 

夜間排尿でも転倒リスクUP | エポックリハビリ

その他にも排尿に関わるものとしては

夜間排尿がありますよね。

この夜間排尿も転倒と関わりがあります。

 

千葉大学附属病院での研究では、

夜間排尿の回数が多いほど転倒回数が増加しており

夜間排尿の回数が3回以上で5%、4回以上で10%が年に1回以上転倒する

と報告されています。

 

また転倒したことがない人では過活動性膀胱は24%に対し

1回でも転倒の既往のある人では半数以上が過活動膀胱を有している

と報告されていて

このことからも過活動性膀胱などの排尿障害が

転倒と密接に関係していることがわかります。

 

転倒リスクも高い夜間頻尿。その原因と対策は

「寝ていても夜中にトイレで目を覚ましてしまう」 いわゆる夜間頻尿の人は 40代以上で約4500万人もいると言われています。 2〜3人に1人の割合というのだから驚きですよね。   夜間頻尿の原 ...

続きを見る

 

排尿障害に対するアプローチで転倒を防ごう

過活動性膀胱や夜間排尿といった泌尿器系の症状が転倒と密接に関係している

というのは少し意外ですよね。

 

身体機能が落ちてくると動作スピードも必然的に落ちて、

トイレに間に合わないことが増えてくる、

間に合わせようと急がないといけないことも増えてくる。

更に尿意切迫感が強くなりリスクが増す。

これでは悪循環ですよね。

 

排尿障害に対するアプローチによって

転倒リスクを低下させる可能性がありますので、

転倒が多く、かつ排尿障害がある患者様がいたら

排尿障害に対するアプローチも再考してみるといいかもしれませんね。

 

エポック訪問看護ステーション伊丹は看護とリハビリで「そのひとらしさ」をサポートします

エポック訪問看護ステーション

伊丹・尼崎・川西・宝塚を中心として活動しています。

地域の皆様の健康と安心のため、

利用者様が「その人らしく生きる」手段を共に模索し提供してまいります。

 

※まずはお気軽にお問い合わせください※

 

エポックでは、自費訪問リハビリサービスも併用して利用することができます。

自費訪問リハビリサービス | 自費訪問リハビリなら EPoch-エポック-

 

エポック訪問看護ステーション伊丹は看護師・リハビリ職種の求人を募集しています

エポック訪問看護ステーションでは、

随時看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の求人を受け付けています。

 

詳しくはコチラ

 

#訪問看護#訪問リハビリ#リハビリ#理学療法士#作業療法士#看護師#エポック#伊丹#尼崎#尿意#転倒リスク#過活動膀胱

 

-コラム, リハビリ

Copyright© エポック訪問看護ステーション , 2022 All Rights Reserved.