リハビリ 疾患 看護

内臓疾患による腰痛は命にかかわります | 看護とリハビリで正しく評価しましょう

2022年1月21日

腰痛や背部痛は多くの方が抱える症状です。

 

多くは運動器の問題で、筋や骨格を整えることで改善しますが

中には内臓の病気による痛みで、

かなり重篤な状態であることがあります。

 

というわけで、今回は内臓疾患による腰背部の痛みについてのお話です。

 

主な疾患は

  • 胆石
  • 胆嚢炎
  • 膵臓がん
  • 急性膵炎
  • 慢性膵炎
  • 心筋梗塞

です。

 

気を付けたい内臓疾患と腰痛①膵炎

まずは膵炎です。

慢性膵炎の原因は長期間、

大量にアルコールを飲い続けることで膵液がたくさん分泌され、

膵液が膵臓自体を溶かしてしまい炎症を繰り返して起こります。

膵炎の代表的な症状は腹痛、背部痛、腰痛、下痢などです。

下痢になるため体重の減少や脂肪便も出てくることがあります。

また血糖のコントロールができなくなるため、糖尿病を伴う人もいます。

 

急性膵炎では発熱、上腹部痛、吐き気とともに背部痛が起きることもあり、

他には発熱、左上腹部痛、吐き気などの症状が出ます。

そして急性のため症状は激しく出てきます。

 

膵臓がんは膵炎から進行することも多く、

症状は腹痛、背部痛、腰痛、食欲不振などの症状が出現します。

膵臓がんによる腰痛が出てきたときはかなり進行していて

手遅れになっていくことも少なくありません。

早期発見が難しく、5年生存率も低い、がんの中でも予後の悪いものの1つです。

 

気を付けたい内臓疾患と腰痛②胆石と胆のう炎

次に胆石と胆のう炎。

これは上腹部痛、吐き気、発熱とともに背部痛や腰痛が現れます。

脂っこい物を食べた後に上腹部痛、吐き気、発熱などの症状が現れるのが特徴です。

放散痛で背中に抜けるような痛みが出たり、腰痛が出たりすることもあります。

胆石が胆汁の流れを悪くした場合には、

皮膚や白目が黄色くなる黄疸の症状が出ることがあります。

 

心筋梗塞の前兆で背部痛が起こることがある

胸の痛みや圧迫感だけでなく、

背部痛、胸やけ、歯が痛む、顎が痛む、肩の痛み、倦怠感、吐き気

などの症状が出現します。

 

背部痛と腰痛が同時に出現するときは要注意です。

 

【エポック伊丹】心臓に不安があっても在宅で過ごすために大切な訪問看護という存在

訪問看護の現場に出て最近よく思うことは、 心疾患の合併率の多さです。   心疾患をお持ちの方が、在宅生活を送る上で医療のサポートはとても重要です。 その大きな役割を担うのが訪問看護・リハビリ ...

続きを見る

 

以上のように内臓疾患で腰痛や背部痛が出現することがあります。

鑑別は中々難しいですが、

少なくとも背部痛と腰痛が同時に出現する場合は内臓疾患を疑った方が良さそうです。

 

また、他の内臓の症状も伴う場合は命にかかわりますので

速やかに受診した方が良いでしょう。

特にアルコールを多飲する人、脂っこいものを多食する人は

リスクが非常に高いので普段から食生活を改めた方が良いでしょう。

 

エポック訪問看護伊丹は内科系疾患に関わる利用者様のリハビリも看護とともにサポートします

 

エポック訪問看護ステーション

伊丹・尼崎・川西・宝塚を中心として、

地域の皆様の健康と安心のため、

利用者様が「その人らしく生きる」手段を共に模索し提供してまいります。

 

まずはお気軽にお問い合わせください

TEL072-770-1657

お問い合わせフォームへ

 

エポックでは、自費訪問リハビリサービスも併用して利用することができます。

自費訪問リハビリサービス | 自費訪問リハビリなら EPoch-エポック-

 

#訪問看護#訪問リハビリ#理学療法士#作業療法士#看護師#エポック#腰痛#内科疾患

-リハビリ, 疾患, 看護

Copyright© エポック訪問看護ステーション , 2023 All Rights Reserved.